ayu, BLOG, アルゼンチン

カラファテでの日々 ayu

次の目的地はカラファテ。ブエノスアイレスから南へ約3000km。

キャンプをしながら何もない平原を走り続ける。

0405_01

アルゼンチンの海側は地平線しか見えない。

面白みがないなあということで山沿いを走る。

0405_02

道路まだできてなかった…。

カラファテに到着。ここは氷河が見れるロス・グラシアレス国立公園に一番近い町。

登山の恰好をしたバックパッカーたちが集まる。

私たちはHOSTEL BUENOSAIRES という安宿に一週間滞在した。

バイクの整備をしたり。

0405_03

キッチンでパソコン作業したり。

0405_04

ベッドはドミトリー。

0405_05地球の歩き方に載っているホステルなので日本人のバックパッカーも多い。

宿の人も親切で居心地抜群。これで一人一泊80ペソ(約800円)。素晴らしい!

そして町から70km西にあるロス・グラシアレス国立公園へ。

着く前から美しすぎてテンションがあがる!

0405_07

ゲートで入場料を払うのだけれど…。

0405_08+

この日は4月1日。本日から値上げしましただとさ。

130ペソ(約1300円)→215ペソ(約2150円) 値上げしすぎー!!

(※私たちはブエノスアイレスの闇両替でアメリカドルをアルゼンチンペソに両替しているので、実際の公定レートで換算するともう少し高いです)

山沿いを走ると見えてきたー!

0405_09

氷河だーーー!

0405_10

0405_12

でかい…高さ50m奥行14km。

0405_11

ドーンという爆発音と共に崩れ落ちる氷の岩。

今日は暖かいので氷河の崩落を4回ほど見ることができた。

0405_13

飽きることなく氷河を眺めながらまったりとした時間を過ごす。

どこの国立公園でも様々なツアーが出ている。

ボート、クルージング、トレッキング、ダイビング…。

ここでは氷河の上を歩くトレッキングと船で近づいて眺めるクルージングの二つ。

一人一万円ほどかかり結構高い…。トレッキングはまるで氷の国にやって来たかのようで幻想的だったけれど諦めることに。

お金を使えばたくさん遊べるけれど、バイクで一日一日移動しているだけでも大冒険。

この場所に2人で頑張ってやって来れた、それだけで大満足。

夕方までのんびり過ごして町に戻る。

 

カラファテ最後の日、町をドライブすることに。

湖のふもとにあるこの町は自然豊か。

湖には様々な鳥たちが集まる。野生のフラミンゴも。

夕日が沈む湖畔は息を飲むほど美しい。

0405_15

波の音もしない静けさと、ただよう波紋、淡く染まる空。

綺麗だねとつぶやくと綺麗だねと返ってくる。

太陽が沈むまでずっと二人で眺め続ける。

0405_14

すっかり暗くなってしまった帰り道。

カラファテはそんなに大きくない町だけれど、光が湖に反射して大きな町となる。

0405_16

でも滞在中に町ごと停電が2回あったのだった…(笑)

 

バイクの旅再開前は行くのは辞めようと思っていた最南端ウシュアイア。

南極に近い町で時期も冬になりつつあるのでとても寒い。

バスで行くこともできる。でもバイクで行ってみたいと自然と想えた。

ここから南へ約1000km。

さて行ってきます!


2014-04-05 | Posted in ayu, BLOG, アルゼンチン2 Comments » 

コメント2件

 由梨 | 2014.04.07 10:58

写真とってもキレイ!
いいな〜‼
風邪ひかないように気をつけてね( ´ ▽ ` )ノ

 kenjii | 2014.04.08 11:02

二人とも元気な様子何よりです。
この間の地震は大丈夫でしたか?
みちえさんは,毎朝挨拶がわりにこの事を言ってきます。
日本のテレビは,
今どこのチャンネルも,世界の秘境で暮らす日本人を訪ねて行く番組が流行っています。
特に,南米は多いように思います。
(どうしても,お前達と重なります)
私の方は,当面会社は辞められそうもありません。
今年も納税できるよ頑張っていきたいと思います。

細心の注意を怠らず,二人仲良くこのまま続けて下さい。

Comment





Comment