BLOG

11/12  海外 バイク デビュー

ついにこの日がやって来てしまいました。アユミの海外バイクライドデビューです。

一度知ってしまうともう戻る事のできない知恵の実

仰げば尊し・・・とそんな気分でしたがカッパドキアで今日一日のレンタルなのでたいした事ではないのですが

我々にとっては大きな一歩・・・なのかな?どうなのかな?

向かう先はギョレメの街をを堪能した後、ちんコ岩・・・じゃなかったきのこ岩を後にしてでデリンクユの地下都市に向かいウフララ渓谷までの約100キロ×2の往復。

ここまでの長距離走行自体が初めてのアユミ。レンタルショップに向かう時間が近づくと「わたしバイクきらいだもん!!おなかいたい」といつもの感じ

1119-10

でも一度またがってしまえば心は凪へと向かいます。

周りの景色がシャッフルされて溶けていきます。

バイクってホントにいいものですよね、目的地まで点ではなく線の旅、土地の風、匂いをめいいっぱいに浴びます。行動距離も自分次第で時には国単位で調整できます。国境をまたぐと、そこに国境があるべき理由が感覚としてわかります。

旅をしたいって思いは、本能としてDNAに刻まれてる気がするんですよね、バイクはそんな思いにこたえてくれます。

こんな話をアユミにすると「・・・頭おかしいんじゃないの?」と言われます。

(アユの一言 ・・・頭おかしいんじゃないの?)

1119-1

 

僕たちが行ったデリンクユの地下都市は地下7階?になっていて4万人近くが住んでいたことがあるそうで、ローマ帝国時代にはキリスト教徒が弾圧、迫害をのがれて隠れ住んでいたそうです。中には教会から学校、住居、家畜まで買っていたそうです。生活の基盤を地下に移すなんて、信仰って怖いなって思いました。

ていうか地下に4万人は言い過ぎにしても数万人地下に人が住んでるってSFの域ですよね!!火の鳥バリの

1119-21119-3

階層によって時代が違ったり様々な時代にまたがって洞穴は使用され、拡大し、地下都市と呼ばれるくらいに巨大化していったのだと思います。

多くの文明が繁栄と衰退を繰り返した舞台なんだなって思いがします。

 

 

1119-4

ウフララ渓谷に到着

遺跡と思いきや普通に人が住んでいます。日本にはない感覚です。(他のアンカラという都市でも古城に何世帯も民家が建てられているんです。日本で言うなら大阪城の一角をぶち壊して民家と大阪城が合体してる感じ・・・まじかぁ!!!って思います)

(アユの一言 急な坂道でエンストしたら、なめさんは先に行ってしまった。坂道発進できなくてテンパってると下校途中の子供たち10人くらいにからまれた。なめさん戻ってこない!泣きそう!)

1119-8

ちょっと足を延ばしてスターウォーズのロケ地にも使用されたセリメへ

1119-6

夕日に照らされる岩陰は朽ちた巨神兵の頭のよう傍の教会の壁画はどれも顔が削られていて幾多の文明が交差したことを物語っています。

1119-9

帰りは思ったより遅くなって日が沈み、温度が急激に下がります。日本の真冬と同じ、近くにスキー場があるのが納得。

1119-11

4時30分に日が沈むのは早すぎです。でも海外発ツーリング楽しかった。

(アユの一言 寒い!日が沈んだらめっちゃ寒い!!帰り際なめさんが緊急停止したので何事かと思ったら、後ろのウチヒサル城が綺麗だよ~と…。寒すぎてそれどころじゃなかったのでちょっとキレた。)

1119-7

 

御心配おかけしましたがバイクも走行できるようになり元気に二人やっております。

 

 

 


2013-11-20 | Posted in BLOG4 Comments » 

コメント4件

 藤井俊也 | 2013.11.21 13:01

頑張ってまんな~(^^)季節の変わり目故何卒お身体ご自愛くださいね。

 けんいち | 2013.11.21 20:01

トルコ!

飯も美味いし、皆親切。

お二人が羨ましい!

旅を楽しんでね!

 t.mochi | 2013.11.22 18:09

バイク復活良かったねー。安心したよ。
俺も今週末は6時間のレースに出てきます。
まずは完走をして来ます!

 バイクの松尾 | 2013.12.01 12:40

よし・・よし二人で走りだしたんだね。
これから寒くなるので南に向かって走った方がよかろう・・とおもう。

2月19日ドバイ(UBE)に着いて・・
サウジアラビアのビザ取れるか・・ダメだったらオマーン・イエメン・エチオピアあたりになるかも・・。

Comment





Comment