BLOG

4/15 さいはて! 

アルゼンチン・チリのコロラド川から南の地域をパタゴニアと呼びます。

アウトドアブランドのPATAGONIAやTHE NORTH FACEの創業者もここを旅したそうです。

南米がこんなに自然豊かな所だなんて知りませんでした。

北欧だって神々しいほどに美しい大地だったんですが、南米はまた違って、荒野の中に現れたオアシスのように旅人を惹きつけます。

風の大地とも呼ばれるほど、ここパタゴニアは風が強いです。

バイクで走ると反対車線にはみ出しそうなほど強風に煽られます。

どのくらい強いかと言うと…

0415-01

このくらい!飛ばされる~!

あまりの強風に斬新なヘアスタイルになってしまった木たち。

0415-02

この場所はウシュアイアから約70km、HARBERTONの手前の見晴らしの良い丘の上にある。

0415-03

紅葉もきれい。

さて最南端に来たからには、ウシュアイアにある国立公園へと向かう!

フェゴ国立公園、ゲートで入場料一人140ペソを払い中へ入る。目指すは一番奥。

紅葉した木立の中を走り抜け、道の終わりにたどり着いた。

0415-04

道の終わり。

ここからアラスカまで、その距離17848km。

0415-05

17000kmかぁ…どうってことないね!

だってもう50000km以上走ってきたもんね!

あっと言う間、あっと言う間にこんなに走ってきてしまった。

あと数か月後にはアラスカに着いているのかな。

まだまだこれから、初めての出会いに全身で喜びを感じたい。

さてさてバイクはここに置いといて…公園内をトレッキング!

0415-06

今日は晴れていて絶景だ~!紅葉の中を歩くのは海外に来て初めてだ。

キツツキやキツネ、動物もいっぱい。

空気もおいしい。雪国育ちなので寒いところの澄んだ空気が大好き。

お昼は作ってきたお弁当を食べる。牛肉醤油ご飯!アルゼンチン牛肉が最高に安いので毎日食べるなめさん。最近ちょっとお腹が…。

0415-07

そして公園内にある小さな港へ。

0415-08

これなんだと思います??

0415-09

ここは最南端の小さな郵便局。

ファンタジー映画に出てきそうなおじいさん。最南端郵便局員として有名な人らしい。

0415-10

ここでハガキを書いて日本に送る。

「世界の果て」という日本語のスタンプを押してもらう。

END OF THE WORLDよりも世界の果てという言葉の方がなんだか魅力的。

無事に届くといいなあ。

日が暮れるまで公園内をくまなく走る。

するとあれは…!最果て号!

0415-11

最南端の駅に停車していた蒸気機関車が走ってるではないか!

0415-12

子供の様にはしゃいで列車を追いかけ一緒に走る。

 

ワッツー(ワールド・ツーリング・ネットワーク・ジャパン)の講演会で、ライダーは何故か端っこに行きたがると言っていた。

もれなくなめさんも行きたがった。

ノルウェーのノールカップ、ポルトガルのロカ岬、アルゼンチンのウシュアイア。

運転しない私には端っこなんて無理して行く意味あるの!?という感じ。

別に何があるわけでもない。ちょっとした観光地になっているだけ。

ノールカップに着いたとき、辛すぎてここから日本に帰ろうと思った。だけどあまりに夕日が美しすぎてまだ見たいものがたくさんあると思った。

ロカ岬に着いたとき、ただの海じゃないかと思った。

でもこの地に立った航海者が海の向こうに何があるのか知りたくて冒険に出た。そう思ったら海がキラキラして見えた。

そしてウシュアイアにたどり着いた。

ここが世界の終りだなんてちっとも思わない。

だってここから始まってこれから目指すのはアラスカのいちばん北。

0415-13

もう旅も終盤だけれど、ここから始めようじゃないか!

 


2014-04-15 | Posted in BLOG1 Comment » 

コメント1件

 Missy | 2016.07.25 7:12

You Sir/Madam are the enemy of confusion eveewyhrre!

Comment





Comment