BLOG, ロシア, 旅日誌

6/18 旅日誌6日目 「互いの心」

体も疲れているので、今日もこの宿でもう一泊することにする。

ゆっくり休もうと思いつつも、日本のにいたころのような穏やかな日々は一度もやってこない。

この日はお互い溜まっていた疲れとストレスで言い合いになる。

私は旅が始まって以来ずっとなめさんがカリカリしていることに不満を持っていた。
新鮮な出会いが楽しくても、お互いイライラしていてはちっとも楽しくない。

なめさんはなめさんで、二人の安全を考える上で、神経を張り巡らせていた。

私の意識の低いことに苛立ちを感じていたのだ。

日本からまだ、たいした距離も離れていないのに全くの別世界。
今までの日本での旅では殆どの事をなめさんが主導で行ってきた。

でも、この別世界では本当に二人で力を合わせないと乗り越えられないことがたくさんある。
例えばバイクが壊れてなめさんがバイクの事をしている間、私は私で次の事を考えて助けを呼んでこなければならないかもしれない。

私たちは同じ立場のパートナーなのだ。

 

お互いが何を考えているのかわかったところで仲直り。

お金をおろすためバイクで隣町まで繰り出すことに。

ナビがないのでタブレットに地図を表示させ、ATMがどこにあるかをホテルの人や道行く人に聞き、二人で力を合わせて解決。

近くのスーパーでキャビアの缶詰70RUB(210円)を買ってはしゃぐなめさん。

そして宿に戻って隣接しているカフェで夕食にする。

0618-1

ここのカフェ、セルフサービスで食べたいものをトレイに乗せるのだが、これがどれをとってもおいしい!
だからなのかご飯を食べにくるお客さんも多い。
ダート走行で疲れた後は、ここでお腹を満たすことをオススメします。

その後夜食でキャビアパーティー。
ロシアにきて彼のお腹はますます大きく育っています。

0618-2


2013-08-05 | Posted in BLOG, ロシア, 旅日誌2 Comments » 

コメント2件

 kenjii | 2013.08.06 10:43

先日のskypeで何となく感じました。
お互いの人格を認め,話し合いは大事です。
会津の女性をなめるなよ。
これからも,目標達成に向け頑張れ!
”安全最優先”

 マウリシズ | 2013.08.28 20:33

はじめまして。
2009年にイタリアを脱出して、バイク一台で世界旅に出たイタリア人(夫)と日本人(私)のコンビです。今は、一時休止中ですが。
わかる、わかる。イライラしたり、カリカリしたりするよね。だって、24時間一緒なんですもの。
でもね、一つ言えることは、運転している人はしてない人よりも、そして男子は女子よりも、何倍も神経を体力を使っているんだよね。
わかり合えるまで、話せばいいと思います。
まっ、何年も一緒に走ってきたから言えるんだけれどね(笑)。
相方がいつも言ってます、「レースじゃないんだから、自分達のペースで走り楽しむんだ」と。
疲れたら、休みましょうよ。
疲れがとれたら、自然に笑顔になるから。
そして相手を思いやれる余裕が出てくるから。
何よりも、安全そして健康第一です。
無理せず、お二人のペースで楽しんで下さい。
長いコメントで、ごめんね。

Comment





Comment